屋形船は予約しないと乗船できない?

屋形船は予約しないと乗船できない? 屋形船は宴会を満喫しながら、海の上をクルージング出来る乗り物です。観光バスの海バージョンと考えれば良いかもしれません。しかし、観光バスとは違い、美味しい食事と素晴らしい海の眺めが満喫出来るため、屋形船の方が旅の娯楽としては断然、上です。社員旅行や修学旅行など、いわゆる団体旅行でしか利用できないイメージがある屋形船ですが、最近は個人向けにも提供されています。
それこそタクシーのような感覚で、即利用できる個人向けのコンパクトでリーズナブルなサービスがあります。もちろん時期と混雑具合によって変わりますが、予約なしで当日乗り込める便利な個人向け屋形船がありますので、ノープランデートの途中にふらりと船着き場を訪れてみるのもおすすめです。自由気ままにデートを楽しみ、ある程度、日が暮れてきたら、ムーディな雰囲気になれる船で東京湾に繰り出してみましょう。
ただ、予約した方が受けられるサービスが増えたり、安定した航路で夜景が見られるため、どちらかと言えば予約を入れた方がデートの際には安心でしょう。

屋形船に乗るときに予約をした方が良い理由

屋形船に乗るときに予約をした方が良い理由 屋形船には貸し切りと乗り合い船の2種類があります。 貸し切りの場合には、20名以上や30名以上などの人数が集まらなければ利用する事が出来ません。
但し、乗船する人数が18名しかいない場合でも、20名を最少人数としている船宿を探せば、2名分の料金を支払う事で18名での貸し切りが可能になります。 乗り合い船の場合は、貸し切りとは異なり、色々な人が乗船するため、内輪だけの宴会を行う時には周りに気を使うなどが必要です。
しかしながら、乗り合い船の場合は、1名だけで利用する事も出来るので、人数が揃わない場合でも事前に屋形船の予約をしておけばカップルで利用数する事も可能ですし、家族4人や会社の同僚数名での利用が出来るなどのメリットを持ちます。
尚、屋形船には乗船人数が決まっているため、定員を超えてしまう場合には利用が出来なくなります。例えば、30名が定員になっている場合、すでに28名のお客さんが予約をしている時には、残り人数が2名になるなどの理由があるからです。